桜の写真 2015

この春に撮った桜の写真です。
3枚目以降の撮影地は遠い場所だったのですが、遠い撮影地の時に限ってMFレンズのCarl Zeiss Planar T* 85mm F1.4 MMJを持って行ってしまって失敗しました。

桜の写真 2015 スライドショー

使用カメラ:EOS 5D Mark III

5D Mark IIIのファインダーでMFは難しく、AFより時間がかかります。何度やってもピントを合わせられない場面もあり、ライブビューの10倍拡大も駆使しての撮影になりました。このライブビューがまたバッテリーをよく消費します。

予備のバッテリーも持っておらず、この後も撮影の予定を立てていたので、バッテリーが無くなるのではと心配で撮影に集中できませんでした。EF85mm F1.2L II USMだったらどんなに楽だっただろうと思います。
5D Mark IIIとEFレンズの組み合わせがいかにレスポンスの良い信頼できるシステムかを痛感した撮影となりました。

余談ですが撮影地はとある山奥で、道中が予想以上に大変でした。
前日の夜から現場に前乗りしたのですが、その夜の山道は霧が立ち込めていてとても不気味。走っても走っても同じ光景で、まるでトワイライト・ゾーンの世界に迷い込んでいくような感覚を覚えました。
目的地を教えてくれるカーナビが無ければとっくに引き返していたでしょう。
EOSシステムとカーナビの重要性を再確認した日でした(笑)

『桜の写真 2015』へのコメント

  1. 名前:Arda 投稿日:2015/05/23(土) 19:28:58 ID:f5851738a 返信

    Y/CのPlanar T* 1.4/85も1.4/50もEOSでピントが合わせにくい(Cosinaから出ている現行のも似た傾向ですが・・・)ので、サクサク確実に撮るというのには向いてませんね。ただ妙にハマるときがあるので、普段気軽に使う方が良いです。
    あと道具の慣れはあると思うので、たまにあちゃーという失敗が、良い経験となるのです。私は撮影地について電池とメディアがなかったという目に遭ったことがあります・・・まったくもう。

    • 名前:ラストショット 投稿日:2015/05/23(土) 22:15:38 ID:2415c13e1 返信

      >Ardaさん
      Ardaさんが以前EF85mm F1.2L II USMのレビューのコメントでこのレンズを引き合いに出されていた理由がわかりました。85Lに勝るとも劣らない描写をするんですねこのレンズ!
      現行のレンズでも合わせづらいというのは意外です。古いレンズから新しいレンズまで所有されてるArdaさんにしかわからない事ですね(^^)
      このレンズはハマるとなんとも色気の漂う画が撮れますね、色気という面では85Lを超えているかもしれませんね。
      この難しいレンズを気軽に使った方が良いとはさすがです!しかし85Lの重さと比べるとたしかに気軽です(笑)
      僕も昔おなじ経験があります(笑)その時は撮影地が近所だったので助かりました。今では家を出る際に必ずカメラの電源を入れてバッテリーとメディアが入っているかどうか確認しています(^^)